【Photoshop】画像をカンバスサイズに一瞬で合わせる方法【作業効率爆上げ裏技】

画像処理ソフト「Photoshop(フォトショップ)」で画像をカンバスに一瞬で合わせる方法を紹介してみようと思います。

例えば以下のような感じで、、、

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法①

画像と外枠が合っていない場合、「どうやって合わせればいいんだ…」と疑問に思う方が多いようですね。

現在は完全にサポートが終了してしまった「Adobe Fireworks(ファイアーワークス)」では、画像の下の領域にカンバスを合わせるというボタンがあって、それを押すと一瞬で出来たんですが…

どうやら「Photoshop」では、そうはいかないみたいですね。

とはいえ、以下で紹介する方法なら画像と外枠が合っていなくても一瞬でカンバスを合わせることが出来ますので、是非ご参考になれば幸いです。

画像をカンバスに一瞬で合わせる方法

↑上記で載せた画像のように、画像と外枠の幅が異なる場合に一瞬でカンバスを合わせる方法を紹介していきます。

⇒ 超簡単です!

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法②

まず最初に、レイヤーにある猫の画像の上にカーソルを持ってきて「ctrl」+「左クリック」を押します。

※Macは、「command」+「左クリック」となります。

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法③

そうすると、画像が選択された状態になります。

※画像の周りに点線のラインが表示された状態になります。

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法④

次に、上部のメニューバー内にある「イメージ」⇒「切り抜き」をクリックします。

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法⑤

これで完成!

たったこれだけの操作で、画像と外枠が一致してカンバスを合わせることが出来ます。

画像の位置を移動させる方法

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法⑥

画像が端に寄りすぎて見にくい場合は、画像の上にカーソルを当てた状態で「スペースキー」を押しながらスライドさせると自由に移動できます。

カンバスを直接合わせる方法も有効

実は上記の方法以外でも、直接カンバスを調整して画像に合わせる方法があります。

その方法も紹介しておきますね!

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法⑦

まず最初に、レイヤーの下にある「空欄」をクリックすると、レイヤー枠の上部に「カンバス」が表示されます。

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法⑧

※カンバスの数値を変更する前に、画像が中央に配置されていることを確認してください。

⇒ 中央に配置していないと、カンバスを変更したときに画像の一部が切れてしまいますので注意が必要です。

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法⑨

画像が中央にあることを確認したら、「カンバス」に横(W)と縦(H)を画像のサイズに合わせます。

そうすると、↑画像のように綺麗にカンバスを合わせることが出来ます。

背景が透明な場合はもっと簡単な方法アリ!

背景が透明の場合は、簡単な操作でカンバスを合わせることが可能です。

Photoshop(フォトショップ)で画像カンバスを一瞬で合わせる方法⑩

まず、レイヤー画像の下の空白をクリックするところまでは上記と同じです。

「カンバス」が表示されている部分をずっと下にスクロールしていくと、「トリミング」⇒「透明ピクセル」にチェックを入れて「OK」を選択します。

そうすると、画像からはみ出ている透明の部分が全て切り取られてカンバスが合わさります。

最後に一言…

以上、「Photoshop(フォトショップ)」で画像カンバスを合わせる方法を紹介してきました。

個人的には一番最初に紹介したものがお勧めです。

⇒ サイズ入力とか無しで、どんなパターンにも一瞬で対応できる点がお勧めの理由です。

上記で紹介してきたように、画像カンバスを合わせる方法というのは多々あるんですね。

⇒ 恐らく、ここで紹介した方法以外にもまだまだあるはず…

なので、いろいろ試してみて自分が一番操作しやすい方法を取り入れるのが最良の方法といえますね!

■「Photoshop」の機能を複数紹介しています!

当サイトでは、「Photoshop」の便利な機能を複数紹介しています。

ご興味のある方は是非、チェックしてみてくださいね!

※以下のリンク(画像)をクリックすると「Photoshop」の記事が置いてあるカテゴリーページに移動します。(当サイト)

Photoshopのカテゴリーページ一覧はコチラ

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です